行き遅れBBAの各話ネタバレ

会社の行き遅れBBA孕ませたの7話ネタバレ(チンジャオ娘)

投稿日:

読み始めたら止まらない「行き遅れBBA孕ませた」の7話完全ネタバレあらすじ無料紹介です!

▽▽電車内、見られているという興奮…▽▽


今すぐ無料で試し読み>>

※ソフトあらすじとネタバレあらすじを紹介しますので、ネタバレが気になる方はソフトあらすじだけ読んでくださいね♪

 

会社の行き遅れBBA孕ませた7話ソフトあらすじ

第7話 行き遅れ女上司を電車内で痴漢してから駅のトイレで

今日は取引先に秋子と田中の2人で訪問。

この頃、見違えるように成長してきた田中をほめる秋子。

秋子のおかげなんだよねっ。

 

移動の電車内。

予期せぬところで帰宅ラッシュに遭遇。

いつも使う路線じゃなかったため、すっかり油断していた。

 

ぎゅうぎゅう詰めの車内。

押された結果、田中は秋子の背後にぴったりくっつく形になってしまった。

 

鼻のあたりに秋子の髪が…

そして少し汗ばんだ秋子の汗のにおいと香水の匂い…。

 

こんな場所にも関わらず欲情してしまう田中…。

チンポを秋子のお尻に擦りつける。

そして

手を伸ばせば秋子のお尻…。

さわさわさわさわ…

 

?!

た、田中君!

 

会社の行き遅れBBA孕ませた7話あらすじ(ネタバレあり)

「ちょっと!何してるの田中君!」

 

お尻を触る田中は手をとめるどころかパンツの上から秋子の感じやすい所を触り始める。

「あっ♡」

「や、やめて…」

 

「…周りにバレちゃいますよ?」

そう言うとパンツの上からクリトリスをコリコリと触り始める。

 

気持ち良さに思わず声が漏れる。

「だ、ダメよ。そこは許して…」

 

電車のガラス窓に秋子のエロい顔が映っている。

「もう誰かに気付かれてますよ…」

 

見るとガラス越しにこちらを見ている中年の男性。

あ、

あの人、今の私の状況に気付いているのかも…。

そう思った瞬間、

急に心臓の鼓動が早くなり、まんこはじゅんと濡れた。

 

「あ~。人に観られて興奮しちゃったんですね。」

意地悪く言う田中。

 

足ががくがくしてくる秋子。

今にも倒れそうになる秋子を支えて、次の駅で途中下車することにした田中。

 

次の駅で降りるとそのままトイレに入る2人。

すでに濡れ濡れになっているマンコに挿入し、ズボズボとハメまくる。

 

 

最近すっかり調子づいている田中。

仕事も順調、

彼女とも仲直り。

余裕があって大人っぽいっなんて言われたし。

それもこれも、この行き遅れBBAに発散させてもらっているおかげ!

 

彼女と仲直りするまでのセフレのつもりだったけど、

これはもう手放せない♡

 

ヤリまくってゴムの中にたっぷり放出した精液。

その処分に困っていると、

秋子がゴムを受け取り、

飲み干してしまった。

 

「だって、せっかく出してくれたのにもったいない。

嫌だった?」

 

うっわぁ~。

エロい~。

 

ヤバイっ!

またチンポがむくむく元気になってしまった。

 

これはもう会社に戻っている場合じゃない!

ホテルに直行だ!

 

そうして2人は会社には戻らず、そのままラブホに流れ込んだ。

 

>>8話あらすじに続く

 

会社の行き遅れBBA孕ませた7話感想(ネタバレあり)

まじで田中という男は身勝手ですね!

秋子も人が良すぎるというか、エロに目覚めすぎというか…。

 

とにかくセフレとして申し分ない働きをしてくれますね。

 

そのせいか、

本来彼女と仲直りするまでのツナギだったセフレなのに

すっかり手放せなくなった田中君。

彼女と仲直りしたことは秋子には言ってないでしょうね。

 

秋子にしても34歳にして処女…

という壁を田中君に打ち壊してもらった訳で、そのおかげで性に目覚め女らしくなったのだから

ウィンウィンではありますね…。

 

それにしても秋子のこの行為。

ゴムの中の精液を飲んじゃうって。

男心はもうメロメロですよぉ。

 

この瞬間は完全に彼女よりセフレが勝ったに違いありません。

 

 

▽▽最後におっぱいにタッチ▽▽


今すぐ無料で試し読み>>

 

TOP【会社の行き遅れBBA孕ませた】に戻る

-行き遅れBBAの各話ネタバレ

Copyright© 会社の行き遅れBBA孕ませた(チンジャオ娘)ネタバレ無料 , 2020 All Rights Reserved.